【 軍幕神テント 】バンドック『ソロベース』は男臭さ抜群の低コストテント!!【 レビュー 】

【 軍幕神テント 】バンドック『ソロベース』は男臭さ抜群の低コストテント!!【 レビュー 】キャンプ
ペン丸
ペン丸

バンドック『ソロベース』の性能や実際の使用感を知りたい。

上記のような疑問に答えます。

こんにちは!FXキャンパーず〜やん(@zuyanfxcamper)です!

タイトルの通りバンドック『ソロベース』は男臭さ抜群の低コストテント。

なぜなら価格が22,800円という低価格でインナーテントからキャノピーポールまで付属しているから。

そのくせTC素材なので火の粉にも強いです。

それではそんな軍幕神テントであるバンドック『ソロベース』をレビューしていきます。

本記事の内容
  • バンドック『ソロベース』のスペック
  • バンドック『ソロベース』の設営方法
  • バンドック『ソロベース』1つのデメリット
  • バンドック『ソロベース』5つのメリット
  • バンドック『ソロベース』を実際に使用した感想

バンドック『ソロベース』のスペック

バンドック『ソロベース』のスペック
カラーカーキ
最大収容人数1人
本体サイズ(フライ)(約)幅360cm×奥行190cm×高さ110cm
本体サイズ(インナー)(約)幅190cm×奥行85cm×高さ100cm
収納サイズ(約)幅40cm×奥行20cm×高さ20cm
重量約4.4kg
材質フライ : コットン混紡生地(ポリエステル65%、綿35%)
インナー : ポリエステルメッシュ
フロア : ポリエステル
フレーム : アルミ合金
付属品ペグ × 18
ロープ × 6
メインポール × 2
キャノピーポール × 2
エンドキャップ × 2
収納ケース × 1
取扱説明書

バンドック『ソロベース』のスペックは上記の通り。

テントの名前や寸法を見て分かるとおり、完全なソロ用テントです。

ティピー型と比べると高さも低いので地べたに座ったほうが高さを気にする必要がなくなりますね。

付属品

バンドック『ソロベース』のスペック

付属品は以下のとおり。

  • ペグ × 18
  • ロープ × 6
  • メインポール × 2
  • キャノピーポール × 2
  • エンドキャップ × 2
  • 収納ケース × 1
  • 取扱説明書

キャノピーポールはテントとは別売りのこともあるんですがバンドックのソロベースは最初から付属しているのでありがたい限り。

インナーテントまでついて22,800円はかなりお買い得と言えます。

バンドック『ソロベース』のスペック

取扱説明書は収納ケースに縫い付けられているので失くす心配もありません

バンドック『ソロベース』の設営方法

バンドック『ソロベース』の設営方法は以下のステップ。

  1. フライシートを広げる
  2. メインポールを通してフタマタロープを通す
  3. フタマタロープをペグダウンしてメインポールを立てる
  4. メインポールの先にエンドキャップを嵌め込む
  5. フライシートの横2ヶ所、後ろ2ヶ所、前2ヶ所をペグダウンして完了

簡単に解説します。

まずはフライシートを広げてメインポールを通してフタマタロープを通します。

バンドック『ソロベース』の設営方法

こんな感じですね。フタマタロープは90°くらいの角度で。

バンドック『ソロベース』の設営方法

フタマタロープをペグダウンしてメインポールを立てます。(グランドシートはテント設営後に敷いた方がいいです)

バンドック『ソロベース』の設営方法

エンドキャップをメインポールの先っぽに嵌め込みましょう。

エンドキャップを嵌め込むことで水がポールの穴から侵入するのを防げます。(小さいので失くさないように注意)

バンドック『ソロベース』の設営方法

フライシートの横2ヶ所、後ろ2ヶ所、前2ヶ所をペグダウンして完了です。

カッコよすぎる…。

ず〜やん
ず〜やん

1回目は時間かかるかもしないけど、慣れると15分くらいで設営できると思うよ!

バンドック『ソロベース』2つのデメリット

バンドック『ソロベース』のデメリットは以下の2つ。

  • インナーテントが窮屈
  • TC素材なのでカビが生えやすい

順番に解説します。

インナーテントが窮屈

バンドック『ソロベース』のデメリット1つ目は『インナーテントが窮屈』

バンドック『ソロベース』1つのデメリット

この圧迫感どうですか?笑

インナーテントが直角三角形になっていて左側のメッシュがめちゃくちゃ近いんです。笑

これはソロベースのフライシートの形状的にどうしようもないんですよね。

バンドック『ソロベース』1つのデメリット

ソロベースのインナーテントはフライシートの形状に沿った形になっているのであんな圧迫感になっているんです。笑

インナーテント内では何かしようにも狭くて何もできませんのであくまで寝る専用のインナーテントと理解していた方がいいですよ。

ず〜やん
ず〜やん

そもそもソロベースを買う人はインナーテント内で何かしようとは思わないだろうけど、オレは想像してたよりもメッシュが顔面に近かった。あまり気にならない人もいるんだろうけどね。

TC素材なのでカビが生えやすい

バンドック『ソロベース』のデメリット2つ目は『TC素材なのでカビが生えやすい』

一般的にTC素材(ポリエステルと綿の混合素材)は火の粉に強い反面、濡れた場合にしっかり乾燥させないとカビが生えやすいという弱点があります。

そのため雨天時にはなるべく使用しない方がいいですね。とはいえ突然の雨に見舞われることもあるでしょう。

1番良い乾燥方法は『設営した状態で乾燥させること』

なので夜に雨が降ってしまった場合も翌日は晴れていたらしっかり乾燥するまでは撤収しないことが得策といえます。

それが無理でも遅くても2日以内には乾燥させましょう!時間が経つにつれてカビに侵される可能性がグングン上がっていくので。

ず〜やん
ず〜やん

オレは天気予報が少しでも怪しかったらなるべくキャンプに行かないようにしてるけどね。

バンドック『ソロベース』5つのメリット

バンドック『ソロベース』のメリットは以下の5つ。

  • TC素材なので遮光性が高い
  • TC素材なので火の粉に強い
  • デザインが無骨でカッコいい
  • ロースタイルでも地べたスタイルでも映える
  • テンマクデザインの『炎幕』よりもコスパが良い

順番に解説します。

TC素材なので遮光性が高い

バンドック『ソロベース』のメリット1つ目は『TC素材なので遮光性が高い』

さきほどデメリットでも伝えたTC素材ですが乾燥させないとカビが生えやすいという弱点がありますが『遮光性が高い』という特徴があります。

遮光性が高いというのは分かりやすく言うと『濃い日陰ができる』ということ。

バンドック『ソロベース』5つのメリット

TC素材はポリエステルよりも厚みがあるためしっかりと太陽光を遮ってくれるので夏の暑い日差しの中でも涼しい日陰を作れます。

ポリエステルは軽くて撥水性が高いですが、生地が薄いので遮光性に関してはTC素材に劣ってしまう部分があります。

近年は熱中症も問題になってきているので涼しいスペースを確保できるのはTC素材の強みなんですよね。

ず〜やん
ず〜やん

オレも初めてTC素材のテント買ったんだけど厚みがあってすごくしっかりとした生地だったよ。その分すこし重みはあるけどね。

TC素材なので火の粉に強い

バンドック『ソロベース』のメリット2つ目は『TC素材なので火の粉に強い』

ポリエステル素材のテントに比べてTC素材は火の粉に強いので焚き火キャンパーに最適(むしろキャンパーならみんな焚き火しますよね)

ポリエステル素材を使っていて火の粉が爆ぜてお気に入りのテントやタープに穴が開いてしまったということも…

ず〜やん
ず〜やん

これは悲しい…

デザインが無骨でカッコいい

バンドック『ソロベース』のメリット3つ目は『デザインが無骨でカッコいい』

「ソロベースが欲しい!!」と思う人のほとんどはこの理由じゃないでしょうか!

実はわたしもそのうちの1人でして、いつも嫁とキャンプに行っているのでソロキャンプとかする予定はなかったんですが、ですが…

「なんだこのテントかっこいぃぃぃい!!」

ある日キャンプについてネットで情報収集していたら見つけてしまいました。

『軍幕テントの一種で米軍ではパップテントと呼ばれるもの』

最近はオシャレなテントも流行っていますがそんな中、こういった男臭さや無骨さを放つ野生感あふれるこのデザインに惚れ込む人は多いでしょう。

実際にパップテントユーザーが急増しているという噂も。

ソロキャンプをする予定がなかったわたしですが「ソロベースでソロキャンプをしてみたい!」という気持ちにさせられてしまいました。笑

まんまとバンドックの思うツボにハマってしまったというワケです。

ず〜やん
ず〜やん

控えめに言って男前過ぎるテントや。

ロースタイルでも地べたスタイルでも映える

バンドック『ソロベース』のメリット4つ目は『ロースタイルでも地べたスタイルでも映える』

ソロベースはハイタイプのチェアに座ると前室の屋根が頭に当たったりして窮屈に感じますが、ロースタイルや地べたスタイルなら快適に過ごせます。

チェアに座っていると少し優雅な感じになりますね。

わたしは身長162センチなので前室の屋根の高さも気になりません。

地べたスタイルだと無骨さアップ。

より野営感を出したい人は地べたスタイルにすると味が出ますよ。

ず〜やん
ず〜やん

チェアに座るか地べたに座るかでテーブルの高さを調節するのがポイント。

テンマクデザインの『炎幕』よりもコスパが良い

バンドック『ソロベース』のメリット5つ目は『テンマクデザインの炎幕よりもコスパが良い』

わたしがパップテントを購入するにあたって比較したテントがテンマクデザインの『炎幕』

しかし、炎幕はフライとインナーが別売りになっていて両方揃えると31,020円かかります。(Amazon価格)

加えて炎幕は前室を跳ね上げる為には別途『キャノピーポールセット』も買う必要があります。

全て揃えると合計で34,298円…..高い。

\炎幕 ¥19,800-/
\炎幕インナーテント ¥11,220-/
\炎幕キャノピーポールセット ¥3,278-/

炎幕に対してソロベースはフライ、インナー、キャノピーポール全てセットで22,800円。

貧乏キャンパーのわたしにはすごく嬉しいお得感が満載なソロテントでした。

色もカーキと男臭さMAXなので安くて無骨なパップテントを探している人にはかなりおすすめ。

ず〜やん
ず〜やん

安すぎる…

\バンドック ソロベース ¥22,800-/

バンドック『ソロベース』を実際に使用した感想

ソロベースを実際に使用してみた感想をつらつらと書きます。

  • 一緒に購入した方がいいおすすめ品
  • インナーテント内のポケットが地味に嬉しい
  • DODのバッグインベッドがシンデレラフィット

順番に解説します。

一緒に購入した方がいいおすすめ品

バンドック『ソロベース』を購入するにあたって一緒にあると便利なおすすめ品は以下の2つ。

  • グランドシート
  • キャプテンスタッグ EVAフォーム

順番に紹介します。

グランドシート

バンドック『ソロベース』を実際に使用した感想

わたしはユタカのグリーンシート(1.8m × 2.7m)を同時購入しました。

ソロベースにはグランドシートが付属しないのでインナーテントを汚れから守りたい人は一緒に購入しておいた方が吉です。

バンドック『ソロベース』を実際に使用した感想

こんな感じで全開に広げてジャストフィットするのでインナーテントをしっかり保護してくれます。

おまけに物置場所も確保できるのです。

値段も585円とかなり安価なので同時購入をおすすめします。

ず〜やん
ず〜やん

せっかくのテントだからキレイに使いたいしね!

キャプテンスタッグ EVAフォーム

バンドック『ソロベース』を実際に使用した感想

もうひとつがキャプテンスタッグのEVAフォーム。

リュックやクーラーボックスを置いているジャバラ状のウレタンマットです。

よくソロキャンパーの方が愛用していますね。

他のメーカーからもウレタンマットが出ているんですがだいたい厚みが1cmであることがほとんど。

しかし、キャプテンスタッグのEVAフォームは厚みが2cmあるんですよ。これが多くのソロキャンパーに選ばれる理由。

バンドック『ソロベース』を実際に使用した感想

座る場所としてはもちろん、意外とクッション性が高く寝床しても使えちゃいます。

バンドック『ソロベース』を実際に使用した感想

このようにリュックにも取付できるのでソロキャンプには必須級の持ち物ですのでまだ持っていない方はこの機会に一緒に揃えちゃいましょう。

インナーテント内のポケットが地味に嬉しい

ソロベースの地味に嬉しいポイントがインナーテント内のポケット。

バンドック『ソロベース』を実際に使用した感想
バンドック『ソロベース』を実際に使用した感想

このように両サイドにポケットがついているので寝るときにスマホやコンタクトレンズ、メガネを収納したりできますね。

たいていどのテントにもついてますが、コレがあるのとないのでは大違い。

DODのバッグインベッドがシンデレラフィット

他のブログでも見ていたんですがDODのバッグインベッドがシンデレラフィットなんです。

バンドック『ソロベース』を実際に使用した感想

バッグインベッドユーザーにはなんともありがたい仕様。

バッグインベッドユーザーは寝袋を敷けば寝床に困ることはありませんね。

ただ地べたにマットを敷くスタイルに比べるとインナーのメッシュが顔面に近くなるのでソコは注意が必要。

【 軍幕神テント 】バンドック『ソロベース』は男臭さ抜群の低コストテント!!【 レビュー 】まとめ

バンドック『ソロベース』についてまとめましょう。

のデメリット
  • インナーテントが窮屈
  • TC素材なのでカビが生えやすい
のメリット
  • TC素材なので遮光性が高い
  • TC素材なので火の粉に強い
  • デザインが無骨でカッコいい
  • ロースタイルでも地べたスタイルでも映える
  • テンマクデザインの『炎幕』よりもコスパが良い

上記が今回のまとめになります。

バンドック『ソロベース』がおすすめな人
  • 男臭さMAXの無骨なテントが欲しい
  • テンマクデザインの炎幕では予算オーバーな方
  • 低コストでお得なパップテントを探している方

バンドック『ソロベース』はソロキャンプデビューしたい方には持って来いのコスパ抜群のテントです。

【 軍幕神テント 】バンドック『ソロベース』は男臭さ抜群の低コストテント!!【 レビュー 】まとめ

ソロベースで無骨さMAXの男らしいソロキャンプを楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました