キャンプでも快適なお昼寝!ローコットとハイコットどっちがいいの!?

コットキャンプ
アイキャッチ画像出典:楽天
コニチワ!ず〜やん(@zuyanfxcamper)です!

今日はみんな大好きお昼寝のお供「コット」を紹介していきたいと思います!

コットとは?

コットとはテント泊の時などに地面からの冷気などから体を守ってくれたり、天気がよく昼寝したい時などに活躍してくれるベッドのようなキャンプアイテムです。

種類は使用時の高さの違いからローコットとハイコットの2つに分類されています。

それではそれぞれのメリットとデメリットについて解説していきます。

ローコット

出典:CAMP HACK

その名の通り地面に低い位置で生地をフレームに張り設営します。

メリット

  • コンパクトになる
  • 重量が軽い
  • 嵩張らない

デメリット

  • 地面に近い為、冷気の影響を受けやすい。
  • 雨が降った後の地面に接すると濡れる可能性がある。
  • 起き上がって靴を履いたり寝転んだりの動作がしづらい。
  • 虫が苦手な人(←ず〜やん)などは下方向からの虫の脅威に怯える事になる。

ハイコット

出典:hinata

こちらは地面より高めの位置に生地をフレームに張り設営します。

メリット

  • 地面から距離があるので冷気を遮断してくれる。
  • 起き上がって靴を履いたり、寝転んだりの動作がしやすい。
  • コットの下のスペースに荷物を置ける。
  • 椅子が足りない場合ベンチとしても使用できる。

デメリット

  • 重量が重い。
  • コンパクトにならない。
  • 設営に多少時間がかかる。

キャンプでコットを使いたい理由!

ローコットとハイコットについて簡単に説明しましたが実際にキャンプでコットを使用するとなった場合、次の利点が挙げられます。

テント内にコットを設営した場合、就寝時の地面からの冷気の遮断や、地面の凹凸から体を守ってくれます。

実際に就寝時に地面が固くて眠れない経験をした事がある人は多いと思います。ず〜やんはテント内にインナーシートを敷いて更にインフレータマットを敷いて寝ていますがそれでも固さは感じます。

ず〜やんはコットをテント内には設営せずタープ下に設営して日中の気持ち良い青空の下で寝転がってグータラしたり夜は嫁さんと寝転がりながら星を眺めたりするのに使っています。

椅子に座って星を眺めるのも良いんですが首が疲れますからねぇ。ちょうどペルセウス座流星群の時期にコットが大活躍してくれました!

とまぁ寝て良し荷物置いて良しベンチにして良しとコットは持っているとキャンプの快適さがグッと上がります。

おすすめローコット

おすすめハイコット

まとめ

今回はコットについて解説しましたがハイコットの方が使い勝手が良くて人気がありそうですがず〜やんは軽キャンパー派なのでローコットが欲しいですね!

ローコットなら値段は張りますが組立、分解が簡単で軽量なヘリノックスのローコットが欲しいです!

どんな時も軽くてコンパクトに持ち運びできるアイテムがず〜やんの理想です。

一応ハイコットを持ってますがやはり重たいんですよね。そして車の中でもスペースを取られます。

ただ下方向からの虫への脅威に怯えなくてもいいのは素晴らしいです笑

次回は「ホットサンドクッカー」についてです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました