【簡単】衛生管理者の勉強法は3ステップ【落ちた人必見】

衛生管理者合格する為の暗記法雑記
こんにちわ!FXキャンパーず〜やん(@zuyanfxcamper)です!

今回は「衛生管理者の試験また落ちた」「何度受験しても落ちる気しかしない」という方向けに受かる為の勉強法3ステップを伝授します。

衛生管理者の試験はハッキリ言って暗記です。

今回紹介するのは決して楽な勉強法ではありません!しかし暗記する上でも少しでも効率よく暗記する為の方法を紹介します。

ず〜やんは高校時代の成績は下の下、底辺高校生でしたが第一衛生管理者試験を1発で合格しました。

第一種衛星管理者免許
第一種衛生管理者の資格

国家資格の中でも必要とされる機会が多い衛生管理者の資格。

何度も落ちるとメンタルもやられてモチベーションも上がらなくなりますが、衛生管理者の資格がある事で資格手当を支給される企業もあります。

この機会に是非受かって試験地獄から脱出してしましょう!

衛生管理者の勉強法3ステップ

勉強

衛生管理者の試験に落ちた人は勉強法に問題があります。

何故なら衛生管理者の試験は国家資格の中ではさほど難易度が高くないのです。

衛生管理者の合格率は第一種で44.1%、第二種は52.3%と100人受ければ50人は受かる資格です。

それでは実際に私が行った勉強法を3ステップに分けて見ていきましょう。

1.衛生管理者の参考書を一通り読む

ここでどのような参考書を使うか重要になります。

衛星管理者テキスト
衛生管理者合格テキスト

私の使用したテキストは赤いシートが付いてくるテキストです。

この赤いシートはステップ2でも必要になってくるので赤いシートが付いてくる参考書を用意する必要があります。

ステップ1でやること

  1. とりあえず参考書を最初から最後まで読む
  2. 次は赤いシートで隠しながら読む
衛星管理者テキスト付属赤シート

赤文字の部分が隠れて見えるので自分で回答しながら読んでいきましょう!

2.ノートに参考書の内容を書き込む

ステップ2では主に書く作業がメインとなります。

何故書くのか。

それは人間の脳は五感を使った方が脳が活性化され、記憶力も上がると言われています。

という事で参考書の内容をノートに丸写しで書いていきます。

この時、全ての内容を丸写しだと非常に効率が悪いです。

なのでステップ1で赤いシートを使って読んでいった時に自分があまり覚えられなかった分野をノートに丸写ししながら書いて下さい。

ず〜やんの勉強ノート
ず〜やんの勉強ノート

書き写していく際に参考書の赤字の部分はノートにも赤字で書いて下さい。

こーんな感じで。

ず〜やんの勉強ノート2

これで自分の苦手とする分野を特定した上で暗記も同時にする事ができます。

ず〜やんの勉強ノート3

ノートに一通り苦手な分野を書き写したら赤シートを載せて自分で回答しながら読み返していきます。

3.過去問を解きまくる

過去問

ステップ3まで来たら後は簡単です。

とりあえず過去問を1回解いてみて下さい。

過去問を解くにあたって、ネットにも過去問は載っていますのでネットを活用して過去問を解く方法もあります。

が!常にパソコンに向かっているというのも大変です。

スマホを使いましょう。

衛星管理者問題集アプリ
衛生管理者試験向けのスマホアプリ

スマホアプリは少しでも時間が空いた時にパパッと勉強する事が出来るので非常に便利です。

過去問を実際に解く事である程度試験の傾向を掴む事ができます。

答え合わせを行い、自分の苦手とする分野を更に絞ります。

ステップ2に戻り、自分の苦手とする分野をまたノートに書き写して、再度過去問に挑戦しましょう。

この作業を繰り返し行い、自分の苦手な分野を絞りながら克服していくかが衛生管理者試験合格のカギとなります!

衛生管理者の勉強はただ闇雲に暗記しようとしても効率が悪いだけで時間だけ無駄に浪費してしまいます。

なので暗記を自分の苦手とする分野に絞る事で無駄な時間の浪費を防ぎましょう。

衛生管理者の膨大な試験範囲をダラダラやっても時間の無駄です。

ぶっちゃけ試験に出そうな部分だけ覚えればいいんです!

私は4回目くらいから合格ラインをクリアして10回くらいは過去問を解きました。

過去問の自己採点で合格ラインまで届いたらあなたには衛生管理者試験合格の実力がついた事になります。

合格ラインに達してからも何度も過去問を解いて合格ラインを割らなかったらとりあえず一安心して頑張った自分を褒めましょう。

努力した自分に自信を持っても大丈夫です。

衛生管理者の勉強法3ステップまとめ

さて、今回は衛生管理者試験を受験しても落ちてしまう人向けに最適な勉強法を紹介しました。

おさらいしてみましょう。

  1. 全体を暗記
  2. 苦手分野の暗記
  3. 苦手分野の絞り込み
  4. 2に戻る

ステップ3までいったらステップ2→ステップ3を繰り返すだけの簡単かつ効率の良い暗記法です。

暗記1つをとっても効率の良い暗記を行う事で勉強時間を減らす効果と同時に自分のリフレッシュする時間も設ける事が出来ます。

実際の試験では緊張して実力を出しきれない人もいますが、自分が努力して合格ラインまで達したという事実に自信を持って下さい。

合格ラインに達してるのに試験で落ちる人というのは最後の自信を持つというステップが出来ていない人が多いのではないかと思います。

大丈夫です。合格する実力はあります。

自分を信じましょう。

それが出来れば衛生管理者の資格はもう目の前です。

あ、最後に大事な事を1つ。

この勉強、試験まで長い期間が空く場合は直前(試験前2〜3ヶ月)で行って下さい!

試験の時だけ覚えてればいいんです!

あまり前もってやると忘れます。人間だもの。

以上、衛生管理者試験の勉強法でした。

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました