フリードプラスハイブリッドで車中泊キャンプ♪【 夫婦2人が快適に過ごせます 】

フリードプラスハイブリッドで車中泊キャンプ♪【 夫婦2人が快適に過ごせます 】キャンプ
ペン丸
ペン丸

フリードプラスハイブリッドの車中泊性能や実際の過ごしやすさを知りたい。

上記のような疑問に答えます。

こんにちは!FXキャンパーず〜やん(@zuyanfxcamper)です!

わたしは普段からキャンプをしていて車中泊にも興味があったので色々と車を検討していましたがついにに車が決まりました!

検討した結果『フリードプラスハイブリッド(FFに決め、先日ついに納車!

今回は早速フリードプラスハイブリッド(FF)で車中泊キャンプに行ってきたのでその様子を書いていきます。

本記事の内容
  • 車中泊用の車としてフリードプラスハイブリッドに決めた3つの理由
  • フリードプラスハイブリッドの2つのデメリット
  • フリードプラスハイブリッド4つのメリット
  • フリードプラスハイブリッドで実際に車中泊キャンプした感想
  • フリードプラスハイブリッドで車中泊する場合に揃えた方が快適に過ごせると感じたアイテム2つ

車中泊用の車としてフリードプラスハイブリッド(FF)に決めた3つの理由

まずは車中泊キャンプ用の車としてフリードプラスハイブリッド(FF)に決めた理由を話していきましょう。

フリードプラスハイブリッドに決めた理由は以下の3つ。

  • 荷室が2段になっている
  • フルフラットになる荷室
  • ミニバンの中でも燃費がトップクラス

順番に解説しますね。

荷室が2段になっている

フリードプラスハイブリッドに決めた理由1つ目が『荷室が2段になっている』

なんとフリードプラスハイブリッドはキャンパーに取ってかなり嬉しい仕様になっています!

正直「フリードプラスハイブリッドを買おう!」と思った1番のポイントはここ!

それがこの荷室。

車中泊用の車としてフリードプラスハイブリッド(FF)に決めた3つの理由
上段と下段で荷物を分けて収納できる荷室

フリードプラスハイブリッドは車体こそコンパクトですが、写真のように荷室を2段にしたことで荷室の使い勝手を向上させています。

車中泊では上段を『ゆっくりくつろげるスペース』として活用し、下段に不要な荷物をまとめて収納すれば快適な車中泊生活を送れます。

ず〜やん
ず〜やん

納車されて1番最初に確認したとこがココ!

見た瞬間一気に夢が広がったよ!

早く車中泊したくてたまらなくなっちゃった!

フルフラットになる荷室

フリードプラスハイブリッドに決めた理由2つ目が『フルフラットになる荷室』

もう1つ車中泊するにあたって気になるところは『フルフラットな空間』ですよね。

フリードプラスハイブリッド2列目のシートを倒すことでフルフラットな空間を作れます。

車中泊用の車としてフリードプラスハイブリッド(FF)に決めた3つの理由

多少の段差が見受けられますがしっかり対策があるので後ほどご紹介しますね。

ず〜やん
ず〜やん

今乗ってるエリシオンよりも小さいのにエリシオンより広い。

今までデカい車に乗っていた意味とは….笑

ミニバンの中でも燃費がトップクラス

フリードプラスハイブリッドに決めた理由3つ目が『ミニバンの中でも燃費がトップクラス』

車中泊をするということは皆さん基本的に『遠出』しますよね。

そこで重要になってくるのが当然ながら燃費です。

フリードプラスハイブリッドはカタログ燃費で脅威の『27.2km/l』と謳っています。

実燃費はカタログ値よりも多少落ちるだろうから実際は20km/lくらいかなと予想し、それなら今乗っているエリシオンよりなら全然良し!となりました。

気になる実燃費は後半にてご紹介します。

ず〜やん
ず〜やん

遠出する上で絶対に燃費は重要!

燃費が良いほどより遠くへ、より多く行けちゃうからね!

フリードプラスハイブリッドの2つのデメリット

フリードプラスハイブリッドのデメリットは以下の2つ。

  • 完全なフラットではない
  • 車中泊モードにすると運転席と助手席が狭い

解説します。

完全なフラットではない

フリードプラスハイブリッドのデメリット1つ目が『完全なフラットではない』

実に惜しい点。

フリードプラスハイブリッドの2つのデメリット

何この微妙な段差。

フリードプラスハイブリッドの2つのデメリット

高さにして約2ミリほどの段差があるんですよね。

この段差さえなければ本当に良い車なのにぃぃぃぃ!!!

ず〜やん
ず〜やん

と嘆くのはまだ早い!

というのもこの段差はあるアイテムで埋めることが可能。

後半の『フリードプラスハイブリッドで車中泊する場合に揃えた方が快適に過ごせると感じたアイテム』でご紹介しますのでお楽しみに!

車中泊モードにすると運転席と助手席が狭い

フリードプラスハイブリッドのデメリット2つ目が『車中泊モードにすると運転席と助手席が狭い』

フリードプラスハイブリッドを車中泊モードにする時は助手席と運転席を1番前まで押し出し、背もたれも極限までリクライニングして前に押し出すので唯一の荷物置き場が狭くなってしまうのです。(撮影し忘れたので後日画像をUPします)

この点に関しては各自ちょっと工夫が必要ですね。

ず〜やん
ず〜やん

けどそういう弱点も自分でDIYや工夫して楽しむのも醍醐味の一つよね。

フリードプラスハイブリッドの4つのメリット

フリードプラスハイブリッドのメリットは以下の4つ。

  • 荷室の積載のし易さ
  • 燃費が果てしなく良い
  • 少し工夫するだけで快適に寝れる
  • 車中泊モードにした時の使い勝手がいい

順番に解説します。

荷室の積載のし易さ

フリードプラスハイブリッドのメリット1つ目は『荷室の積載のし易さ』

フリードプラスハイブリッドに決めた理由として前半でも話ましたがここでは少し深掘りして話ます。

フリードプラスハイブリッドの4つのメリット

これが通常の状態ですね。

それでは下段の中はどうなっているのかというと

フリードプラスハイブリッドの4つのメリット

こんな感じでかなり長めに空間がありますね!

わたしは下段にアウトドアチェアや小さいクーラーボックス、テーブル、焚き火道具などを収納して車中泊キャンプへ行ってきました!

上段は車中泊キャンプへ行く前にインフレーターマットや寝袋、枕をセッティングおくと寒くなったらすぐに車内に逃げ込めるように。

更に上段の蓋のような部分は取り外すと

フリードプラスハイブリッドの4つのメリット

めちゃくちゃ広くなります。

高さも出るため『自転車』などデカい荷物の積載も可能にしています。

自分の使いたい用途に応じて自由が効く点はまさにフリードプラスハイブリッドの素晴らしい点ですね。

ず〜やん
ず〜やん

見てるだけで欲しくなりません?

燃費が果てしなく良い

フリードプラスハイブリッドのメリット2つ目は『燃費が果てしなく良い』

車中泊や旅行、キャンプを趣味にしている方にはかなり嬉しい点ですよね。

では実際どれだけ燃費が良いのかというとわたしの実際の走行記録を見ていただきたいと思います。

わたしはフリードプラスハイブリッドを中古で購入したんですが納車時点では平均燃費は『15km/l』ほどでした。

それから200km程度走行したときの平均燃費がコレ。

めちゃくちゃ伸びてますよね!

逆に前に乗っていた方はどんな乗り方をしていたのか…

たしかにハイブリッド車は乗り方次第で燃費は良くも悪くもなりますが、わたしはハイブリッド車に乗るのが初めてなんです。

そんな素人のわたしが運転してもこんな燃費が出るほど燃費が良いんです。

その後、結構な距離を走り納車からも2週間ほど経った現在(2021年4月3日)

約590km走行時の平均燃費がこれ。

いくらコンパクトミニバンとはいえこの燃費は控えめに言って神。

車中泊やキャンプ、旅行に行く方にとってこの低燃費はかなり強い味方になります!

ず〜やん
ず〜やん

ホンットにフリードプラスハイブリッドを買って良かった!!(ローン地獄が始まるのは目をつむる)

少し工夫するだけで快適に寝れる

フリードプラスハイブリッドのメリット3つ目は『少し工夫するだけで快適に寝れる』

フリードプラスハイブリッドは通常の状態では完全なるフルフラットにはなりません。

フリードプラスハイブリッドの4つのメリット

見ての通り段差があります。

しかし、ある工夫をすると快適に寝れる空間が作れます。

それが『ニトリのバスマット』

バスマットを段差の部分に投入!!

まるでフリードプラスのために作られた純正品のようなシンデレラフィット具合。

1枚たったの500円ほどなのでフリードプラスユーザーは購入をおすすめします。

足元にも置くことでインフレーターマットやジャバラマットをフラットに敷けるようになるんです。

キャプテンスタッグのジャバラマットを敷いて

ハイランダーのインフレーターマットを敷いて枕をセットすれば快適に寝れる空間の完成。

ず〜やん
ず〜やん

これに寝袋もあれば寒さも凌ぎながら熟睡する事が可能。
オレの使ってる車中泊用アイテムも参考までに載せておきますね!

ちなみに寝袋まで敷くとこんな感じ。

空いたスペースにはテーブルを置いたり、荷物置き場として使えますね!

車中泊モードにした時の使い勝手がいい

フリードプラスハイブリッドのメリット4つ目は『車中泊モードにした時の使い勝手がいい』

どの部分に使い勝手の良さを感じたかというと

  • ドリンクホルダーが荷室にもある
  • 2列目シート下にある謎の空間に靴を収納できる

順番に解説します。

まずは『ドリンクホルダーが荷室にもある』という点。

フリードプラスには画像の通りドリンクホルダーが左右に1つずつ付いています。

この部分にそのままドリンクを置いてもいいし、わたしの場合は就寝時のコンタクト液とコンタクトケースを置いています。

ず〜やん
ず〜やん

コンタクト液置き場があるのは地味に嬉しい。
いちいちバッグにしまうのもめんどくさいしコンタクトケースって倒すと中の液体少しずつ漏れてくるんだよね。

ちなみに後部座席のドアの左右にもドリンクホルダーがついているので自分が使いやすい位置のドリンクホルダーを使うといいですよ。

車中泊モードの使い勝手の良さのもう1つが『2列目シート下にある謎の空間に靴を収納できる』

車中泊モードにすると2列目シートの下に謎の空間が生まれます。

ず〜やん
ず〜やん

中に入るときステップに登り靴を脱いだらそのまま靴を収納できるからすごく楽。

外にそのまま脱いでおいてもいいんだけど急に雨とか降ったら濡れちゃうからね。

フリードプラスハイブリッドで実際に車中泊キャンプした感想

フリードプラスハイブリッドで実際に車中泊キャンプした感想

フリードプラスハイブリッドで実際に車中泊キャンプした感想を簡単に3つほど挙げましょう。

  • 安心感が半端ない
  • 予想外に熟睡できた
  • 設営・撤収が死ぬほど楽

順番に解説します。

安心感が半端ない

フリードプラスハイブリッドで実際に車中泊キャンプした感想1つ目が『安心感が半端ない』

わたしも今回が初の車中泊キャンプだったのですが、テントに寝泊まりする場合はテントに虫が登ってきたり、風がもの凄く強い時、近くで物音がした時(クマが来たのではないかと想像してしまう)に恐怖心で色々想像してしまい不安な気持ちになります。笑

しかし車の中だと虫、風、クマなどあらゆる恐怖から完璧に守られているので安心感が半端ないです。

ず〜やん
ず〜やん

それに車内はエンジンかけて暖めることもできるのでテントよりも快適に過ごせるよ!

予想外に熟睡できた

フリードプラスハイブリッドで実際に車中泊キャンプした感想

フリードプラスハイブリッドで実際に車中泊キャンプした感想2つ目が『予想外に熟睡できた』

嫁と2人で車中泊キャンプに行ったのですが、2人だと窮屈でよく眠れないんじゃないかなぁと思ってました。

が、かなり熟睡できましたね。

ず〜やん
ず〜やん

普段テントだと熟睡できないと言っていた嫁が「めちゃくちゃよく眠れた♪」と言っていたのがびっくり!

安心感が半端ないということも熟睡できた要因の1つですが、ニトリのバスマットから始まり車内の寝床をしっかり整えたことが1番のポイントでしょう。

ちなみに嫁はColemanの分厚いインフレーターマットを使っているのでわたしよりもさぞ気持ちよく眠れたでしょう。笑

設営・撤収が死ぬほど楽

フリードプラスハイブリッドで実際に車中泊キャンプした感想3つ目が『設営・撤収が死ぬほど楽』

今回は車中泊キャンプということで普段なら持っていくテントやタープを持っていきませんでした。

そのためテント、タープの設営&撤収がないので必要最低限の設備で済むのです。

ず〜やん
ず〜やん

たしかにテント張ってタープ張って見栄えをよくするのも良いけど、たまにはお気軽に適当キャンプしたい時だってあるよね?笑

仮に雨が降ってもテントやタープを家に帰ってから乾かさなくていいのは最高ですね!

ペン丸
ペン丸

いらない手間が省ける上にキャンプも楽しめるなんて最高!

使ったキャンプ道具などはフリードプラスハイブリッドの下段にそのままブチ込んでササッと帰れるのでめちゃくちゃ短時間で撤収が終わったのは感動でした。

フリードプラスハイブリッドで車中泊する場合に揃えた方が快適に過ごせると感じたアイテム

フリードプラスハイブリッドで車中泊する場合に揃えた方が快適に過ごせると感じたアイテムは以下の4つ。

  • 目隠し
  • 純正ルーフラック
  • ニトリのバスマット
  • インフレーターマット

順番に解説しますね。

目隠し

フリードプラスハイブリッドで車中泊する場合に揃えた方が快適に過ごせると感じたアイテム1つ目は『目隠し』

今回、初の車中泊をして思ったのが目隠し、またの名を『サンシェード』

要は外からの視線や朝の日差しを遮るための物。

夜は車内も暗いので当然ランタンを点けるワケなんですが、トイレからの帰りに車見たら中が丸見えでした。笑

ず〜やん
ず〜やん

目隠しがないと本気でプライバシーのかけらもないので絶対買うべき!

ということで色々調べて即買いました。笑

わたしが購入したサンシェードのリンクを貼っておきますのでご参考に。

純正ルーフラック

フリードプラスハイブリッドで車中泊する場合に揃えた方が快適に過ごせると感じたアイテム2つ目は『純正ルーフラック』

というのも車中泊モードを最大まで広げると助手席と運転席を完全に潰してしまうので荷物の置き場所に困るのです。(それでも運転席や助手席に荷物を置けますがいちいち取り出すのがめんどくさい)

1人で車中泊する場合は良いのですが2人で泊まるとなると中々不便。

そんな時にあればかなり助かるのが『純正ルーフラック』

車中泊ではそもそもスペースが狭い上に寝る場所を確保すると小物の収納場所すらない状態。

限られたスペースを有効に使える天井収納があるとかなり便利。

ず〜やん
ず〜やん

オレは今回の車中泊を終えて必要性を感じて帰ってから即購入しました。
下記のリンクから取付手順〜どんなものが収納できるか検証していますので良ければ参考にしてください。

>>【 超簡単 】フリードプラス純正ルーフラック取付手順は4つ

ニトリのバスマット

フリードプラスハイブリッドで車中泊する場合に揃えた方が快適に過ごせると感じたアイテム3つ目は『ニトリのバスマット』

ニトリのバスマットはフリードプラスユーザーの間では常識中の常識アイテム。

わたしもフリードプラスを買う前からネットで色々調べていましたが、みんながみんなバスマットを敷いていました。

やはり車中泊をするうえで段差は気になるもの。

その段差をお手軽に解消できるアイテムなので購入は必須。

ず〜やん
ず〜やん

寝るにしても座るにしても段差は気持ちのいいものじゃないので準備しておいた方が快適に車中泊できるよ!

インフレーターマット

フリードプラスハイブリッドで車中泊する場合に揃えた方が快適に過ごせると感じたアイテム4つ目は『インフレーターマット』

インフレーターマットとはキャンプでもよく使う快適に寝るためのアイテム。

バルブをひねると自動で空気が入って膨らんでくれるマットのこと。

フリードプラスハイブリッドで車中泊する場合に揃えた方が快適に過ごせると感じたアイテム

やはり『寝る』という行為をする上で寝床はかなり重要。

ず〜やん
ず〜やん

寝床が硬すぎると熟睡できないからね。

インフレーターマットを使った後は空気を抜いて丸めてコンパクトに収納できるので車中泊で旅をする人にとっては強い味方になってくれますよ。

車中泊を楽しく過ごす上ではしっかり疲れをとることも大事なので。

フリードプラスで車中泊キャンプ【 夫婦2人が快適に過ごせます 】まとめ

フリードプラスハイブリッドでの車中泊について感じたことをまとめましょう。

フリードプラスハイブリッドのデメリット2つ
  • 完全なフラットではない
  • 車中泊モードにすると運転席と助手席が狭い
フリードプラスハイブリッドのメリット4つ
  • 荷室の積載のし易さ
  • 燃費が果てしなく良い
  • 少し工夫するだけで快適に寝れる
  • 車中泊モードにした時の使い勝手がいい
フリードプラスハイブリッドで実際に車中泊した感想
  • 安心感が半端ない
  • 予想外に熟睡できた
  • 設営・撤収が死ぬほど楽
フリードプラスハイブリッドが車中泊時に快適に過ごすためのアイテム
  • 目隠し
  • 純正ルーフラック
  • ニトリのバスマット
  • インフレーターマット

上記が今回のまとめになります。

フリードプラスハイブリッドで初の車中泊をしてみました感じ初期装備でもできなくはないが最低限の装備はあった方がより快適に車中泊を楽しめるということが分かりました。

フリードプラスでの車中泊キャンプの様子をYouTubeにUPしましたのでそちらも見てみて下さいね!(^O^)

(嫁のチャンネル)

わたしのチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました