【期待以上】Kindle Paperwhite【レビュー】

【期待以上】Kindle Paperwhite【レビュー】買って良かったモノ
ペン丸
ペン丸

Kindle Paperwhiteって実際の使い心地はどんな感じなんだろう。

ず〜やん
ず〜やん

Kindle Paperwhiteはオレも最近すごく気になってたんだけど、ようやく勇気を出して買ってみたよ!
今回はKindle Paperwhiteをレビューしていこう!

こんにちは!FXキャンパーず〜やん(@zuyanfxcamper)です!

今回は『Kindle Paperwhiteが気になる』というあなたのためのレビュー記事です。

本記事ではKindle Paperwhiteの実際の使い勝手について知ることができます。

  • Kindle Paperwhiteの中身
  • Kindle Paperwhiteのイマイチな点
  • Kindle Paperwhiteの買って良かった点

最初に結論をお伝えするとKindle Paperwhiteは期待以上の買い物でした。

それでは解説していきます。

Kindle Paperwhiteレビュー

Kindle Paperwhiteレビュー

Kindle Paperwhiteがついに我が手中に届きました。

最近ブログを始めてからというもの本を読むことが増えたので欲しいなと思ってポチっと。

さっそくですがKindle Paperwhiteのレビューをしていきます。

私が買ったKindle Paperwhiteのスペックは以下のとおりとなっています。

  容  量  32GB
  広  告  広告なし
 通信方法   Wi-Fiのみ  
  • 容量32GBは小説なら35,504冊、ライトノベルなら2,768冊、漫画なら480冊と充分な容量となっています。
    わたしであれば一生かかっても満杯にできないであろう容量ですね。
  • 広告とはキャンペーン情報などの広告を表示させるかさせないかの違い。
    私は広告ウザい派なので価格は2,000円高くなりますが『広告なし』モデルを買いました。
  • 通信方法というのは『Wi-Fiのみ』か『Wi-Fi+4G』かの違い。
    4GがついているモデルはWi-Fi環境がなくても本のダウンロードができます。

   

Kindle Paperwhiteの中身

Kindle Paperwhiteの中身

さっそく開封。

中身は思っていたよりもサッパリ。笑

入っていたモノは以下の2点のみ。

  • Kindle Paperwhite(本体)
  • 充電用ケーブル(Micro USB)

充電ケーブルはMicro USB。

わたしはパソコンかモバイルバッテリーから充電しています。

Kindle Paperwhiteの中身

薄さはこんな感じ。

Kindle Paperwhiteは本を読むことに特化しているので余計な機能がはいってないためこんなに薄くすることができるんですね。

わたしはこの時点でもうすでにかなり満足しちゃいました。

Kindle Paperwhiteのイマイチな点

Kindle Paperwhiteを実際に使ってみて「う〜ん、ここはイマイチ!」と感じた点を3つ挙げていきます。

  • カラーじゃない
  • 動きが少しニブい
  • ホーム画面が使いづらい

順番に解説していきます。

  

カラーじゃない

まず一つ目は『カラーじゃない』

実際の画面はこんな感じになります。

カラーじゃない

まぁ、この点に関しては他のレビュー記事などでも見て分かっていました。

文字だけの本を読む場合には全然問題ありません。

しかし、マンガを読みたい人にとっては少し不満が出る点ではないかなと。

わたしはマンガ目的で購入したワケではないのでなんとも思いませんが。

Kindle Paperwhiteで活字を読むぶんにはなんら問題ありません。

 

動きが少しニブい

2つ目は『動きがニブい』

これは電源を入れて実際に使ったときハッキリ感じました。

スマホのようなスムーズな動きを想像している方は「えっ」と思うでことしょう。

まぁでも価格が価格なだけに仕方ない部分だと思います。

別にそこまで不快に感じるようなほど遅いというワケではありません。

あくまで「スマホと比べると少し遅い」という話ですので。

 

ホーム画面が使いづらい

3つ目は『ホーム画面が使いづらい』

これはスマホのKindleアプリに慣れているとはじめはKindle Paperwhiteのホーム画面が使いづらいと感じるのではかいかと。

私も何が使いづらいかと言うと「なんとなく」なんですけどね。笑

Kindle Paperwhite買ったばかりでこのレビュー記事を書いているのでおそらくまだ慣れてないだけだと思います。

 

  

Kindle Paperwhiteの買って良かった点

逆にKindle Paperwhiteを「やっぱり買って良かった」という点を5つ挙げていきます。

  • 目が疲れない
  • めちゃくちゃ軽い
  • お風呂で本が読める
  • 文字の大きさを変更できる
  • 集中して読書の世界へ入り込める

 

目が疲れない

まずは1つ目『目が疲れない』

目が疲れない理由はいくつかありますが2つほどピックアップして説明します。

  • ブルーライトゼロ
  • E-inkディスプレイで紙のような読みごこち

Kindle PaperwhiteはE-inkという電子ペーパー技術を使っていてブルーライトをゼロに抑えています。

目の疲れを抑えることで長時間の読書を快適にしてくれるのです。

 

めちゃくちゃ軽い

2つ目は『めちゃくちゃ軽い』

大きさの割にめちゃくちゃ軽いんです。

今までiPhoneXRで電子書籍を読んでいたのですがズシッと重いんですよね。

Kindle PaperwhiteはiPhoneXRより大きいクセに軽いんですよ。

寝ながらでも読んでも手首の負担にならないくらいに。

就寝前の読書にも最適です。

ず〜やん
ず〜やん

デバイスが重いと寝ながら読んでて顔に落としたりするとめちゃくちゃ痛いんだけどKindle Paperwhiteは軽いからソコんとこも安心。

  

お風呂で本が読める

3つ目は『お風呂で本が読める』

今回Kindle Paperwhiteを選んだ理由として最大の理由はコレですね。

わたしは仕事が終わってからブログを書いたり、FXをやったりしているため、本を読む時間がありませんでした。

でも本は読みたい。じゃあ、どうするのか。

ありましたよ、「お風呂で読む」と言う方法が。

これが紙の本にはマネできない芸当です。

果たして本当に大丈夫なのか不安だったので試しにKindle Paperwhiteへおもっきしシャワーをぶっかけてみました。

お風呂で本が読める

ドキドキ。

問題なし!ちゃんと動きました!

ちなみにスペックは深さ2mで60分沈めても耐える仕様となっています。

ず〜やん
ず〜やん

水の中に潜って読まない限り大丈夫ってことだね!笑

 

文字の大きさを変更できる

4つ目は『文字の大きさを変更できる』

文字の大きさを変更できる

画面を指でピンチ(つまむ)することによって文字サイズ変更の画面になります。

この機能もめちゃくちゃ助かりました。

ひとりひとり読みやすい字の大きさって違うと思うんですよね。

これも紙の本にはマネできませんね。

ちなみに8段階で調節できます。

控えめに言って優秀です。

 

集中して読書の世界へ入り込める

最後の5つ目『集中して読書の世界へ入り込める』

スマホのKindleアプリで本を読んでるとウザいんですよね。

ニュースやらLINEの通知やらが色々入ってくるわで。

Kindle Paperwhiteは電子書籍リーダーですのでもちろんスマホのように余計な通知やら何やらがないのでゆっくりと読書の世界に浸ることができます。

ず〜やん
ず〜やん

スマホだとしょっちゅう通知くるから全然読書に集中できないんだよね。

 

Kindle Paperwhiteレビューまとめ

さて、いかがでしたか?

多少イマイチだなという点もありますが、わたしはそれ以上にKindle Paperwhiteは期待以上でした。

なぜならKindle Paperwhiteを買ったことで場所を選ばず本を読むことができるためです。

時間を有効に使える上に何冊も本を持ち運ぶ必要もないのでいいことだらけでした。

キャンプでコットに寝ながらゆっくり読書というのもしてみたいですね。

それでは今回のレビューをまとめると

  • 軽くて目に優しい
  • 防水なのでお風呂でも読書OK
  • 余計な通知がなく読書に集中できる
  • イマイチな点はさはど気にならない

Kindle Paperwhiteで快適な読書ライフを手に入れましょう。

Kindle Paperwhiteレビューでした。

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました