夜にネットが遅い場合の原因と対策!

雑記
コニチワ!ず〜やん(@zuyanfxcamper)です!

ネットのサービスが進化してきてどこの家庭でもネット環境はなくてはならない存在として確立されているのではないでしょうか?

最近は特に夜(8時頃〜)の時間帯にネットが遅いと感じる人も多いのではないのでしょうか。

それはネット環境の普及が原因です。

ず〜やんはアニメをよく観るのですが途中で止まったりしてイライラする事が多々ありました。

今回はその「夜にネットが遅い原因とその対策」について解説していきます!

夜にネットが遅い原因

「家は光回線を使用しているはずなのに何故か夜になるとネットが遅くなる」「動画がサクサク進まない」という悩みにを抱えている人は少なくないと思います。それではどのような原因で遅くなるのでしょうか。

大きく分けて2つの原因があります。

アクセスが集中する時間帯が原因

端的に言います。夜にネットが遅くなる原因は単純に夜にアクセスが集中する為です。

朝や日中はほとんどの人が学校や仕事をしている為、アクセスが夜ほど集中していないのでネットや動画もさほど遅いと感じる事もないかと思います。

日中にネットを集中して使用するのはニートやネトゲ廃人のような人達なのでそのくらいではネットが遅くなるほどの負荷にはなりません。

しかし夜になると学校や仕事を終えて帰宅した人達が一斉にアクセスしだす為に回線が混みあってしまいます。

従来の通信規格であるIPv4が原因

もう一つの原因は従来の通信規格であるIPv4によるものです。

IPv4とは「インターネットプロトコルバージョン4」の事でインターネットに接続されたコンピュータがデータをやりとりするための通信規格です。

現在インターネットに接続しているコンピュータにはそれぞれのコンピュータを識別する為に固有のIPアドレスというものが割り当てられています。

「192.168.0.1」こんな感じの数字見た事ありますか?なんの為の数字かというとこれはコンピュータの住所です。

みなさんの家にも住所ってありますよね?コンピュータの世界では「パソコンが家」だとしたら「IPアドレスは住所」という位置づけになります。

振り分けることのできるIPアドレスの上限は約43億個です。なので約43億台のコンピュータがインターネットに接続できる事になります。

しかし現在世界の人口は約76億人ほどです。さらにインターネットの急速な普及とスマートデバイスの登場が拍車をかけてIPアドレスが枯渇し不足している状態です。

このIPアドレスの枯渇こそがネット回線の混雑を招き、夜になるとネットが遅くなる原因の正体なのです。

夜にネットが遅い場合の対策

それではどうやったらこのネットの混雑を回避して通信速度を改善させる事ができるのか。その対策について解説していきます。

IPv6通信を使用する

IPv6とは「インターネットプロトコルバージョン6」の事で次世代の通信規格と言われています。

振り分けることのできるIPアドレスの上限は約340澗個となります。見た事も聞いた事もない数字なのでイメージが湧きづらいかと思いますが、事実上無限といっていいと思います。

なので従来の通信規格であるIPv4通信からIPv6通信に切り替える事でインターネットの混雑を回避して通信速度を改善する事ができます。

では具体的にどうすればIPv6通信を使用できるのか解説していきます。

プロバイダーを変更する

ズバリ、「IPv6通信が使用できるプロバイダーに乗り換える」です。ず〜やんはこの対策法で通信速度が改善しアクセスが集中する夜の時間帯でもアニメを快適に見る事ができています。

まずは自分の通信がIPv4なのかIPv6通信なのかを調べる必要があります。 下記サイトから確認する事ができます。

私は現在v6プラスで繋がっていますか?|GMOとくとくBB
「GMOとくとくBB」はGMOインターネット株式会社が運営しているインターネットサービスプロバイダーです。ドコモ光、auひかり、GMO光アクセスなどの光回線やWiMAXなどのインターネットサービスをおトクな価格と充実したサポートサービスで提供いたします。

このサイトでIPv4と結果が表示された場合にはIPv6が使用できるプロバイダーに変更する必要があります。

ちなみにず〜やんがテストするとこんな感じで表示されます。

IPv6が使用できるプロバイダーの中でも速度に定評があるのがず〜やんも使用している「GMOとくとくBB」というプロバイダーです。

出典:hikari check

GMOとくとくBBはv6プラス(IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6)という接続方式を採用しているので高速通信する事ができます。

分かりやすく言うと高速道路を通る際に他の車は通常通り料金所を通るがv6プラスで接続すると本来通るべき高速道路の料金所を通らなくて済むという事になります。

v6プラスを使用する場合はルーターもv6プラスに対応している必要がありますが、GMOとくとくBBではプロバイダー契約するとv6プラス対応のルーターもレンタルできる上に面倒な設定なども必要ありません。

出典:GMOとくとくBB

しかし契約している光回線自体の速度が遅い場合は光回線も高速な回線に切り替える必要があります。

ず〜やんは使用していた光回線自体も古くプロバイダーのみ変更してもv6プラスの恩恵を受ける事ができなかったのでついでに光回線も変更しました。

そこで選んだのが「ドコモ光」でした。ドコモ光は回線速度1Gbpsの光回線ですがドコモユーザーの場合はスマホ料金も1000円割引されるのでお得に高速通信のv6プラスを使用する事ができます。

さらにドコモ光とGMOとくとくBBをセットで申し込むとルーターのレンタルも無料で受ける事ができます!

20倍の速度が出るようになった!

結局のところどれほど速度が改善されたのか。見出しにも書きましたが夜の実測値でなんと20倍ほどの速度が出るようになりました!

下り40Mbps

下りで約40Mbpsも出るようになりました。光回線とプロバイダーの変更前はなんと下り2Mbpsほどしか出ていませんでした(計測していなかったので画像がなくて申し訳ありません)

光回線とプロバイダーの変更により夜間のアニメや映画鑑賞時に動画が止まるとういう事はなくなり無事悩みが解決されました。

動画が止まってストレスが溜まるという方はこれを機会に是非プロバイダーの変更や光回線の変更を検討してみてはいかがでしょうか。

仕事から帰宅しての自分の自由な時間を快適に送ってストレスの少ない生活を目指しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました