【キャンプ】ランタンの種類別の特徴【3種類】

キャンプ
コニチワ!FXキャンパーず〜やん(@zuyanfxcamper)です!

本記事はキャンプで使用するランタンの種類別の特徴を解説していきます!

キャンプでは自身のサイトを明るく照らしてくれるランタンの存在は必須になります。

夜間のキャンプサイトの印象づけるのもランタンの役割です。

ではランタンの種類別の特徴を見ていきましょう!

キャンプで使用するランタンの種類

キャンプで使用されるランタンは

  • LEDランタン(電池)
  • ガソリンランタン(ホワイトガソリン)
  • ガスランタン(OD缶)

大きく4種類に分けられます!それぞれの特徴について解説していきます。

LEDランタン

出典:Coleman

LEDランタンのメリットは電池さえあれば簡単に使用できる所です。

テント内にも持ち込んで使えることから必ず1つは持っておきたいところです!

値段もリーズナブルで手が出しやすいので初心者が最初に購入するランタンとしては最適!

デメリットは光量が若干弱い事です。
なので広いキャンプサイトを照らすのにはあまり向いていません。

ガソリンランタン

出典:Coleman

ホワイトガソリンを燃料とするガソリンランタンは種類あるランタンのうち最も明るく光量が安定しています。

また外気温や気圧などの影響も受けにくいためサイトのメインランタンとして活躍してくれるます。

しかしガソリンランタンは定期的なメンテナンスが必要な事や、値段も高価な物が多いので初心者には手が出しづらい点がデメリットとなります。

燃焼器具ゆえにテント内での使用もできません。

それでも自身がメンテナンスを行い、灯した炎の揺らめきはキャンプで飲むお酒をより一層美味しいものにしてくれるでしょう。

ガスランタン

出典:snow peak

ガスランタンは専用のガスカートリッジを装着して使用します。

ガスランタンのメリットはLEDランタンよりも明るく、ガソリンランタンよりは扱いやすい所です。

ただし寒いところでの光量は安定しません。

ガスカートリッジの値段も高い事とガソリンランタン同様に燃焼器具なのでテント内での使用ができない事がデメリットとして挙げられます。

使用する前にランタンの中心部にあるマントルという布をカラ焼きする必要があるなど初心者には少し面倒に感じる部分もあります。

キャンプで使用するランタンの種類別の特徴まとめ

今回は3種類のランタンについて解説しました。

LEDランタンは使用が簡単だが光量が弱い。値段はリーズナブルで初心者も手が出しやすい。

ガソリンランタンは最も光量が強く安定していて、外気温や気圧の影響を受けにくい。
しかし定期的なメンテナンスが必要で値段も高い。テント内での使用もNG。

ガスランタンはLEDランタンより明るく、ガスランタンより扱いやすい。
しかし気温が低いと光量が安定しない、ガスカートリッジの値段が高い、もちろんテント内での使用はNG。

以上が種類別のランタンの特徴になります。

ず〜やんは初心者なのでメンテナンスを必要としないLEDランタンのルーメナー2を使用しています!

コンパクトでモバイルバッテリーにもなる防水LEDランタンです!

ルーメナー2の使用感と性能はこちらをクリック

コメント

タイトルとURLをコピーしました