自己分析で『強み』を知る【STRENGTH FINDER2.0】

自己分析で『強み』を知ろう雑記
ペン丸
ペン丸

自己分析して自分の『強み』を知りたい。

ず〜やん
ず〜やん

自己分析ツールで『強み』を知りたいなら「STRENGTH FINDER2.0」がおすすめだよ!

こんにちは!FXキャンパーず〜やん(@zuyanfxcamper)です!

自己分析して自分の『強み』とは果たしてなんなのか知りたい!という方の悩みを解決します。

 

本記事で紹介するのはアメリカのコンサルティング会社であるGallup社が開発した人の「強みの元=才能」を見つけ出すツール「STRENGTH FINDER2.0」です。

 

本記事ではわたしが実際に自己分析をした結果もお話しします。

 

 

ず〜やん
ず〜やん

オレはSTRENGTH FINDER2.0を受けてみて自分の強みはやっぱりこれかと確信してしまったよ。
嫁にもめちゃくちゃ当たってるって言われた。

 

✔︎本記事の内容
  • 自己分析で『強み』を知る【STRENGTH FINDER2.0】
  • 自己分析で『強み』を知ることの大切さ
  • 【STRENGTH FINDER2.0】で自己分析してみました

 

こんな人におすすめ
  • 自己分析で強みを知り仕事に活かしたい
  • 自分の強みを活かした仕事に転職したい

 

自己分析で『強み』を知る【STRENGTH FINDER2.0】

自己分析で『強み』を知る【STRENGTH FINDER2.0】
さあ、自分の才能に目覚めよう STRENGTH FINDER2.0

「さあ、才能に目覚めよう STRENGTH FINDER2.0」は累計90万部突破したベストセラー本!

「STRENGTH FINDER2.0」で分析した自分の強みの活かし方が書いてある本です。

 

本来「STRENGTH FINDER2.0」を受けるのは有料になりますが、この本を買うとSTRENGTH FINDER2.0を受けるためのアクセスコードが付いてきます。

 

わたしはこの本のアクセスコードで「STRENGTH FINDER2.0」を受けました。

 

自己分析ツール「STRENGTH FINDER2.0」 とは

自己分析ツール「STRENGTH FINDER2.0」とは冒頭でも紹介したとおりGallup社というアメリカのコンサルティング会社が開発した自己分析ツールです。

 

自己分析ツール「STRENGTH FINDER2.0」 とは
ギャラップ社公式サイト

 

「STRENGTH FINDER2.0」はWeb上で177個の質問に答えることで『34個ある資質』の中から自分の資質(才能の元)が分かります。

 

ず〜やん
ず〜やん

意外とみんな自分の強みってなんなのか分からず生きている人多いと思うんだよね。
そんな人にはうってつけのツールだよ。

 

質問が多いので20〜30分ほどかかりますが、やってみる価値は大いにあります。

プロブロガーのイケハヤさんも「STRENGTH FINDER2.0」を使い自己分析した結果めちゃくちゃ当たってるとYouTubeでおっしゃってました。

 

正直わたしもイケハヤさんの影響で興味を持ち受けてみました。笑

 

STRENGTH FINDER2.0 の受け方

「STRENGTH FINDER2.0」の受け方は3つあります。

 

  • 本のアクセスコードを使う
  • スマホアプリを入手して課金する
  • 直接サイトでアクセスコードを買う

 

わたしのおすすめは本のアクセスコードを使う方法です。

なぜなら本にはSTRENGTH FINDER2.0を受けたあとの『強みの活かし方』も書いてあるから。

せっかく強みを知っても活かし方が分からないのであれば自己分析した意味がなくなってしまいますので。

 

ず〜やん
ず〜やん

具体的にはどんな資質を持った人と働いたら相性が良いとか、自分の強みを活かせる職業とか書いてあるから参考にすると人生が楽しくなるかもよ。

 

 

【STRENGTH FINDER2.0】で自己分析してみました

わたしも『自分の強み』は果たしてなんなのか気になったので「さあ、才能に目覚めよう STRENGTH FINDER2.0」を買って自己分析してみました。

 

自己分析した結果、わたしの強みは以下の5つであることが判明しました。

 【STRENGTH FINDER2.0】で自己分析してみました
ず〜やんの5つの資質

 

それぞれの強みは大きく分けて4つのグループに分けられます。

わたしには「実行力」と「人間関係構築力」がないようです。

その分わたしのは「戦略的思考力」に特化されてますね。

そしてほんの少しの「影響力」という結果に。

 

 【STRENGTH FINDER2.0】で自己分析してみました
34の資質の分類

 

コードギアスのルルーシュが大好きなのも「戦略的思考力」が強いからなんですねきっと。笑

 

ルルーシュのように策略を活かして戦う指揮官のようになりたいと日々思っていたわたしの強みが「戦略的思考力」なのは非常にうれしい限りです。

 

それではそれぞれの強みについて詳しく見ていきましょう。

 

分析思考

分析思考という資質を持つあなたは、他の人に「証明しなさい。あなたの主張がなぜ正しいのか示しなさい」と強く 要求します。このような詰問を受けると、自分の素晴らしい理論がもろくも崩れ落ちるのを感じる人もいます。これが まさしく、あなたの意図するところです。あなたは必ずしも他人のアイデアを壊したいわけではないのですが、彼らの理論が堅固であることを強く求めます。あなたは自分自身を、客観的で公平であると考えています。あなたはデータを好みます。データは人々の考えに左右されず、ありのままだからです。あなたはデータを見ると、パターンと関連性 を捜し出します。一定のパターンが互いにどのように影響するのか、どのように結びつくのか、結果はどのようなものかを理解しようとします。そしてその結果が、提示されている理論や目の前の状況にふさわしいかどうかを知ろうとし ます。これがあなたのやり方です。あなたはこれらの点を一つずつ明らかにして、根本的な理由を探し当てます。人はあなたのことを論理的で厳格であると見ます。その人達は、いつかあなたのところにやって来て、誰か他の人の「非現実的な考え」あるいは「整理されていない考え」を話し、あなたの研ぎ澄まされた思考から見た考えを聞くでしょう。あなたの分析結果を伝える時、できれば決して厳し過ぎないようにしましょう。さもないと、その「非現実的な考え」が彼ら自身の考えである場合、その人はあなたをわざと避けるようになります。

引用元:Gallup

自己分析の結果、わたしの『強み』の1つ目は「分析思考」

なんかパッと見ると「データ野郎」とか「細かい嫌なやつ」って感じがしますね〜。

でもこれ実際にめちゃくちゃ当たってるんですよね。笑

わたしは何か行動を起こす時には絶対に分析は欠かせないと思います。

なんの考えや分析もなくただ突っ込んでいくなんて言語同断。

分析思考が強い人は以下の能力が秀でていることが多いです。

  • 金融
  • 危機管理
  • マーケティング
  • 医療分野での調査
  • データベース管理、編集

 

ず〜やん
ず〜やん

マーケティングや金融ってことはオレにはブログやFX向いてる可能性が!

 

というように自分の持つ可能性に気づいて道が開けるかも。

 

 

原点思考

あなたは過去を振り返ります。そこに答えがあるから過去を振り返ります。現在を理解するために、過去を振り返ります。あなたの見方からすると、現在は不安定で、訳の分からない喧騒が入り乱れています。現在が安定を取り戻すには、過ぎ去った時、つまり計画が立てられたときに心を向けてみる以外方法はありません。過去は今よりわかりやすく、計画の基礎が築かれたときです。振り返ると、計画の原型が現れるのがみえてきます。そしてあなたは、初めの意図が何であったのかを知ります。この原型、あるいは意図はあまりにも飾り立てられてしまって、本来の姿がほとんど認識できなくなっていますが、この原点思考という資質によって、これらが再び現れます。このようにして原型や意図を理解することは、あなたに自信を与えます。あなたは元々の考え方を知っているので、もはや方向を見失うことなく、 より適切な判断を下すことができます。仲間や同僚がどのようにして今のようになったかを知っているので、あなたは より一層彼らの良きパートナーとなります。過去に蒔かれた種を理解しているために、あなたは自然に将来をよく見通すことができるようになります。初対面の人や新しい状況に直面すると、慣れるのにある程度の時間を必要とするでしょう。しかしその時間を取ることを心掛けなければなりません。あなたは原型が表面に浮かび上がるような質問をかならずするように心がけなければなりません。なぜならば状況がどうであれ、過去の原型を見たことがなけれ ば、自分の決断に自信が持てないことになるからです。

引用元:Gallup

自己分析の結果、わたしの『強み』の2つ目は「原点思考」

「原点思考」とはなんだか聞き慣れない言葉ですね。

「原点思考」は簡単に言っちゃえば、『過去から学ぶこと』じゃないかと理解しています。

過去から学ばない人はまた同じ過ちを繰り返す運命にある。

うまく説明できるか分かりませんが、過去に起こった出来事の本質を知ることで新しく行動を起こすときの方向性を見失わずに計画を進めることができる。

ということなんだと思います。

これも当たってます。

過去に起こった出来事をは分析思考には欠かせないですからね。

わたしはなるべく大きな失敗をしないよう必ず過去に目を向けています。

 

内省

あなたは考えることが好きです。あなたは頭脳活動を好みます。あなたは脳を刺激し、縦横無尽に頭を働かせることが好きです。あなたが頭を働かせている方向は、例えば問題を解こうとしているのかもしれないし、アイデアを考え出そうとしているのかもしれないし、あるいはほかの人の感情を理解しようとしているのかもしれません。何に集中しているかは、あなたのほかの強みによるでしょう。一方では、頭を働かせている方向は一点に定まっていない可能性もあります。「内省」の資質は、あなたが何を考えているかというところまで影響するわけではありません。単に、あなたは考えることが好きだということを意味しているだけです。あなたは独りの時間を楽しむ類の人です。なぜなら、独りでいる時間は、黙想し内省するための時間だからです。あなたは内省的です。ある意味で、あなたは自分自身の最良の伴侶です。あなたは自分自身にいろいろな質問を投げ掛け、自分でそれぞれの回答がどうであるかを検討します。この内省作業により、あなたは実際に行っていることと頭の中で考えて検討したことと比べた時、若干不満を覚えるかもしれません。あるいはこの内省作業は、その日の出来事や、予定している人との会話などといったような、より現実的な事柄に向かうかもしれません。それがどの方向にあなたを導くにしても、この頭の中でのやりとりはあなたの人生で変わらぬもののひとつです。

引用元:Gallup

自己分析の結果、わたしの『強み』の3つ目は「内省」

「内省」もまた聞いたことがない言葉です。

「内省」単純に『考えることが好き』ということですね。

これもめちゃくちゃ当たってます。

わたしという人間は常にいろいろなことを考えています。

ず〜やん
ず〜やん

どうやったらFXで勝ち続けれるんだ!とか、どうやったらブログのPVが伸びるんだ!とか。
ほんとに考える時間が多すぎてハゲるくらいに毎日考えてるよ〜!
オレ微妙にハゲてきてない?

でもハゲようがなにしようが考えるのが好きだから関係ないんです。

常に思考を止めないことが強みというわけですね。

 

収集心

あなたは知りたがり屋です。あなたは物を収集します。あなたが収集するのは情報――言葉、事実、書籍、引用文 ――かもしれません。あるいは形のあるもの、例えば切手、野球カード、ぬいぐるみ、包装紙などかもしれません。集めるものが何であれ、あなたはそれに興味を惹かれるから集めるのです。そしてあなたのような考え方の人は、いろいろなものに好奇心を覚えるのです。世界は限りなく変化に富んでいて複雑なので、とても刺激的です。もしあなたが読書家だとしたら、それは必ずしもあなたの理論に磨きをかけるためではなく、むしろあなたの蓄積された情報を充実させるためです。もし旅行が好きだとしたら、それは初めて訪れる場所それぞれが、独特な文明の産物や事柄を見 せてくれるからです。これらは手に入れた後、保管しておくことができます。なぜそれらは保管する価値があるのでしょ うか?保管する時点では、何時または何故あなたがそれらを必要とするかを正確に言うのは難しい場合が多いでしょう。でも、それがいつか役に立つようになるかどうか誰が知っているというのでしょう。あらゆる利用の可能性を考えているあなたは、モノを捨てることに不安を感じます。ですから、あなたは物や情報を手に入れ、集め、整理して保管し続けます。それが面白いのです。それがあなたの心を常に生き生きとさせるのです。そしておそらくある日、その 中に役に立つものが出てくることでしょう。

引用元:Gallup

自己分析の結果、わたしの『強み』の4つ目は「収集心」

「収集心」はなんとなく想像がつきますね。

ず〜やん
ず〜やん

「羞恥心」じゃないからね!

わたしが収集しているものは主に「情報」です。

情報は多ければ多いほど分析や内省のための材料となります。

どうやらわたしは本当に「考えること」に特化した人間のようですね。

情報はインプットするだけでは意味がなくアウトプットしなければインプットは停滞してしまいます。

 

ペン丸
ペン丸

だから知ったことはブログでアウトプット(発信)してるんだ!

ず〜やん
ず〜やん

そうだね!自分がインプットした情報をブログでアウトプットすることで誰かの役に立つかもしれないからね!

 

最上思考

優秀であること、平均ではなく。これがあなたの基準です。平均以下の何かを平均より少し上に引き上げるには大変 な努力を要し、あなたはそこに全く意味を見出しません。平均以上の何かを最高のものに高めるのも、同じように多 大な努力を必要としますが、はるかに胸躍ります。自分自身のものか他の人のものかに関わらず、強みはあなたを魅了します。真珠を追い求めるダイバーのように、あなたは強みを示す明らかな徴候を探し求めます。生まれついての 優秀さ、飲み込みの速さ、一気に上達した技能――これらがわずかでも見えることは、強みがあるかもしれないこと を示す手がかりになります。そして一旦強みを発見すると、あなたはそれを伸ばし、磨きをかけ、優秀さへ高めずには いられません。あなたは真珠を光り輝くまで磨くのです。このように、この自然に長所を見分ける力は、他の人から人 を区別していると見られるかもしれません。あなたはあなたの強みを高く評価してくれる人たちと一緒に過ごすことを 選びます。同じように、自分の強みを発見しそれを伸ばしてきたと思われる人たちに惹かれます。あなたは、あなたを型にはめて、弱点を克服させようとする人々を避ける傾向があります。あなたは自分の弱みを嘆きながら人生を送りたくありません。それよりも、持って生まれた天賦の才能を最大限に利用したいと考えます。その方が楽しく、実りも多いのです。そして意外なことに、その方がもっと大変なのです。

引用元:Gallup

自己分析の結果、わたしの『強み』の5つ目は「最上思考」

最上思考が強い人は人の「強み」に着目してその強みをさらに高める思考のこと。

要は0か100ってことですね。

自分だろうと他人だろうと弱点には目を向けずに長所に目を向ける。

自分がやってて楽しいこと好きなことを伸ばしたいという気持ちが「最上思考」なんですね。

最上思考が強い人には以下の職務が向いています。

  • コーチング
  • マネジメント
  • メンタリング

人の成功を助ける職務ですね。

 

自己分析で『強み』を知る【STRENGTH FINDER2.0】まとめ

自己分析で自分の『強み』を知ることができる「STRENGTH FINDER2.0」はいかがでしたか?

「STRENGTH FINDER2.0」で自己分析をしてみることで自分の知らない『強み』を知ることができます。

自己分析ツール「STRENGTH FINDER2.0」はかなり詳しく自分の持つ『強み』を教えてくれます。

自分の『強み』を知らずに生きているのはかなり損しています。

自分の『強み』を知ることで自分に合わない仕事を辞めて『強み』を活かした仕事に転職するなど色々な選択肢が増えることでしょう。

『STRENGTH FINDER2.0』は自分の可能性を広げてくれる最高の自己分析ツールです。

 

ず〜やん
ず〜やん

さあ、みんなも才能(自分)に目覚めよう!

ペン丸
ペン丸

覚醒モード突入!

コメント

タイトルとURLをコピーしました