食洗機のメリット3つとデメリット3つ

雑記
こんにちは!FXキャンパーず〜やん(@zuyanfxcamper)です!

家族で美味しい食事をした後でのあの煩わしい作業、嫌ですよね。

そう、皿洗いです。

1人分ならまだしも全員の分を洗うとなるとそれなりに時間もかかります。

だいたいどこの家庭でもお母さんがやってるのではないでしょうか。

「何故みんなで食べたのに洗うのは自分1人だけなんだ!」って思いませんか?理不尽ですよね。

そこで今回は食洗機導入しようと考えてる方に食洗機のメリット3つとデメリット3つを解説します。

本記事の内容
  • 食洗機のメリット3つ
  • 食洗機のデメリット3つ

食洗機のメリット3つ

食洗機のメリットは以下の3つ。

  • 時間を節約できる
  • 水道代が節約できる
  • ストレスから解放される

順番に解説します。

時間を節約できる

時間節約

まずメリットの1つ目として時間の節約になります!

食事後の皿を水道水で軽く流して食洗機の中に入れボタンを押すだけで作業は終了です。

1人で台所に立ちっぱなしで作業する必要がないので食事後も家族でテレビを見るなど団らんする時間が増えます。

わたしの場合は子供がいないので20分くらいで終了しますが子供がいる家庭の場合30分はかかるでしょう。

ちなみに1日30分節約できると、

30分×365日=10,950分→182時間30分

ボタンさえ押してしまえば後は完全放置プレイで食洗機が勝手に洗浄から乾燥まで行ってくれるのでお子さんのいる家庭でもその間にお風呂に入れたりする事ができますね!

水道代が節約できる

水道代節約

食洗機を使わずに手洗いした場合に使用する水量は食器5人分で約80ℓとされています。

これは2リットルのペットボトルにして約40本分に相当します。1日にしてその膨大な水量を水道から垂れ流しにしていると思うとかなりもったいないと思いませんか?

朝と夜で1日2回皿洗いをすると仮定して約160ℓ、2Lペットボトルにして約80本分もの水を垂れ流している事になります。

食洗機を使った場合はというと1回分の水量はわずか約11ℓ、2Lペットボトル約5.5本分となります。(ここではわたしの購入したパナソニックのNPーTH2というモデルを参考にします)

1日2回皿洗いした場合で約22ℓ、2Lペットボトル約11本分という計算になりますね。

水道代の平均は1ℓで0.24円程度です。
この水道代を年間にすると

手洗いの場合(皿洗い1日2回)
0.24円×160ℓ×365日=14016円

食洗機の場合(皿洗い1日2回)
0.24円×22ℓ×365日=1927円

なんと年間にして約12000円ほど節水できる計算です。

これほどの差が出るのは正直驚きですね。

ストレスから解放される

ストレス解放

その他冬場の手荒れから守ってくれたり高温洗浄による除菌・消臭効果があったりとメリットがあるのですが3つ目の大きいメリットはなんといってもストレスから解放される事です。

おそらく皿洗いするのはだいたいどこの家庭もお母さんと相場が決まっているのではないでしょうか。

みんなが食べ終わってテレビを見ている時に一人台所に立ってせっせと皿を洗わなければいけないという理不尽なポジションから解放される嬉しさは実際に台所に立ってみないと分からないと思います。

食洗機のデメリット3つ

食洗機のデメリット以下の3つ。

  • 価格が高い
  • 設置スペースの確保が必須
  • 食洗機に対応していない食器もある

順番に解説していきます。

価格が高い

食洗機のデメリット1つ目は『価格が高い』

購入を迷っている人が第一に考えるのがやはり価格。

食洗機はサイズや性能によって異なりますが大体3万円から8万円前後が相場

もちろん安価な物だと洗うことのできる食器のサイズや量が限定されてしまいます。

食器の数が多くなるほどサイズも大きくなるので価格も高くなってしまうのがデメリットとなるでしょう。

本体代金の他に食洗機へ水を送るための分岐水栓や設置するための工事代金も費用としてかかってきてしまいますので8万円前後の食洗機を購入しても総額で10万円程度かかります。

設置スペースの確保が必須

食洗機のデメリット2つ目は『設置スペースの確保が必須』

据え置き型の食洗機を購入するとなると場所を取ります。

食洗機は水道から水を送る為シンク付近に設置しなければいけません

設置する事によって自動的に料理に使用する作業スペースを圧迫してしまう可能性がある為、事前に設置スペースを考慮した上での検討が必要です。

食洗機に対応していない食器は洗えない

食洗機のデメリット3つ目は『食洗機に対応していない食器は洗えない』

基本的に食洗機での洗浄は高温になります。

特に木製食器は気を付ける必要がありますね。ヒビ割れや表面の塗装が剥がれる可能性がありますので。

食洗機に対応していない食器は洗えない

我が家でも一度ニトリのアカシア食器でやってしまいました笑

不安な時は食洗機に突っ込む前にちゃんと対応しているか確認しておきましょう。

食洗機のメリット3つとデメリット3つまとめ

それでは最後に食洗機のメリット3つとデメリット3つをまとめましょう。

食洗機の3つのメリット

  • 時間を節約できる
  • 水道代が節約できる
  • ストレスから解放される

食洗機の3つのデメリット

  • 価格が高い
  • 設置スペースの確保が必須
  • 食洗機に対応していない食器もある

価格は高いですが、食洗機で得られるメリットは正直かなり大きいです。

結論として、時間に対しての投資を惜しみたくないという方は迷わず導入すべきですね。

コメント

  1. […] 食洗機を導入する事によって生まれるメリットとデメリット […]

  2. […] 食洗機導入のメリットをチェック […]

タイトルとURLをコピーしました