【 知らないと損 】積立投資のメリット・デメリット

知らないと損投資・副業
コニチワ!FXキャンパーず〜やん(@zuyanfxcamper)です!

「長期的に資産運用するぞ」と皆さんなんとな〜く積立投資を行っている人もいるのではないでしょうか!

ローリスク、ローリターンが基本でデメリットが少なそうな積立投資。

ですが、積立投資も投資である以上デメリットを知らないと損をする事もあります。

今回はそんな積立投資のデメリットに焦点を当てて解説していこうと思います!

【 知らないと損 】積立投資のメリット・デメリット

最近よく耳にする積立投資という言葉。よく銀行など勧められる事もあるのではないでしょうか?

「月額1000円から積立して老後の資産を築けます」とか「リスクを抑えて投資できます」とか。

様々な謳い文句で積立投資する事を決断したのは良いが果たしてデメリットはないのか。

積立投資のメリット

積立投資のメリットは以下の3つ。

  • ストレスが少ない
  • 少額から投資できる
  • ドルコスト平均法でローリスク

順番に解説していきます。

積立投資のメリット①:ストレスが少ない

ノーストレス

積立投資では株や先物、FXを自分で行う場合と違って投資による心理的ストレスや身体的疲労を最小限に抑える事ができます。

一番始めに毎月の積立額と購入ファンドを決めた後は、毎月自動で積立されそのお金を投資のプロが運用してくれるからです。

株やFXなどを自分で行う場合は毎日の値動きを気にしてしまい心理的ストレスを生む可能性・・・というか生みます。(←わたくし、ブログにFXともろに高ストレス生活してます)

積立投資はその点プロに任せて放ったらかしでいいので、ほぼノーストレス状態で投資する事が出来ます。

積立投資のメリット②:少額から投資できる

少額投資

少額から投資が出来るのは投資初心者にとっては大きいメリットと言えます。

月額1000円から始める事ができる積立投資は「投資をしてみたいけどまとまった資金がない」という人におすすめな投資法です。

積立投資のメリット③:ドルコスト平均法でローリスク

投資をしてみたいがリスクが・・・という人々の夢を叶えるのがドルコスト平均法です。

ドルコスト平均法は積立投資最大のメリットと言っても過言ではありません。

ドルコスト平均法

上の図をご覧ください。

ドルコスト平均法とは定期的に一定金額分を購入していく手法です。

たとえば毎月1000円ずつ積立していきます。その1000円で買える分の口数を買います。

ドルコスト平均法で買う事によって価格が高い時は少ない口数、価格が低い時は多く買う事が出来ます。

つまり1口あたりの平均購入単価を下げる事が可能になります。

毎月同じ金額を積立する事で価格が低い時に多く買えるという事は値上がりした時のリターンを増やせる事になります。

逆に価格が高い時は同じ金額で買える口数は少ないので値下がりした時の損失を抑える事が可能なのです。

これが積立投資の魅力であるドルコスト平均法の正体です。

積立投資のデメリット

積立投資のデメリットは以下の3つ。

  • 手数料が高い
  • ドルコスト平均法
  • 「買い」しか選択肢がない

順番に解説していきます。

積立投資のデメリット①:手数料が高い

積立投資は以下の手数料がかかります。

  • 販売手数料(積立投資の購入にかかる手数料)
  • 運用手数料(信託報酬とも呼ばれ運用を委託する際にかかる手数料)
  • 解約手数料(積立投信の定められた運用期間に満たないうちに解約した場合にかかる手数料)

積立投資のデメリット②:ドルコスト平均法

先ほど積立投資最大のメリットとして解説したドルコスト平均法。

このドルコスト平均法がそもそもデメリットとなりうるのです。

みんな知ってた?

そ、そのくらい知ってるし(震え声)

上の図をご覧ください。

このように毎月一定金額を積立して購入していくドルコスト平均法では相場が右肩下りに推移していく場合、残念ながら一生利益なんぞ出ません。

悲しい事にこれがドルコスト平均法のデメリットです。

長期的に積立してたのに利益が出ず、むしろ長期的に損失となるとこれほど悲しい事はありませんよね。

確かに投資初心者は銘柄選びや相場の分析などは知識も勉強も必要となってくるので面倒かもしれませんが、完全脳死プレイでの放ったらかしは楽な反面、このような些細な事にも気付けない可能性があります。

積立投資のデメリット③:「買い」しか選択肢がない

ロングしかできない

ず〜やんはFXをしているのでどうしても「買い」しか出来ないシステムがデメリットとして考えてしまいます。

「買い」からしか入れないのはそれこそ相場が右肩下がりの時に利益が出せないので機会損失に感じられます。

だって、FXならショートしてガンガン利益を上げられる所を指を咥えて見ている事しかできないのですから。

要は相場に対して柔軟に対応できない部分がデメリットと感じられます。

【 知らないと損 】積立投資のメリット・デメリットまとめ

今回は最近よく耳にする積立投資について、知らないと損をするデメリットについて解説しました。

良い事づくしの積立投資ですが、メリットであるドルコスト平均法がそのままデメリットとなる場合もあります。

投資を始める際はローリスクという脳死フレーズに誘惑される事なくしっかりとデメリットも把握する必要があります。

かといってFXのように運用を間違えばハイリスクとなる事はあまりありませんが、それでも長期間に渡り、右肩下がりで推移した場合は損失する金額も少なくはありませんので注意が必要です。

この「米国つみたて投資」はお金の不安・不満を解消する為にプロ顔負けの手法をこっそり教えます。金融関係者が「それ言っちゃあ、おしまいよ」と言ってしまうほどにシンプルかつ強力。

読んですぐ実践できるように買うべき商品も4つに絞って解説してくれている本です。今まで50冊ほど読んだ中でも最高レベルの内容と謳われるほど濃い内容となっています。

投資を始める際は積立投資であろうと最低限の知識は勉強して楽しい投資ライフを送りましょう!誰でも最初は初心者です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました